MENU

採用情報 Recruting Information

トップ画像 トップ画像
  1. トップ
  2. 採用情報
  3. 鉄鋼流通業界とは

鉄鋼流通業界とは

鉄鋼流通業者は、鉄鋼メーカーが製造した鋼材を仕入れ、建設業や製造業などのユーザーに販売する業種です。その形態は大きく二つに大別されます。

一つは「ひも付き」と呼ばれる、鉄鋼メーカーと大口ユーザーが直接商談を行い、取引契約が成立した後、その契約内容にそって物流や金融の業務を引き受ける、いわゆる「商社」的な取引があり、近年ではその存在感の希薄化から淘汰再編が進んでいます。

もう一つは「店売り」とも呼ばれ、鉄鋼メーカーや総合商社から鋼材を仕入れ、自社倉庫に在庫し、最終ユーザーや卸売業者に直接販売する業態です。小野建はこの「店売り」の業態で全国に拠点展開を行っており、幅広い販売先を持つことにより、現在鉄鋼流通業界では実力・勢いともにナンバーワンの元気印企業なのです。

最近の鉄鋼市場動向

鉄の誕生から流通まで
電炉

鉄鋼業界の復権が徐々に進んでいます。

ここ20年ほどは鉄鋼不況と呼ばれ、実際数年前まではOECD(経済協力開発機構)が中心となり、鉄の生産設備廃棄問題が話し合われたほどです。それが、10年で4倍になったとも言われる中国の旺盛な需要や、日本国内での自動車業界などの需要の高まりにより、鋼材価格は急上昇をし、誰も予想できなかった鉄不足という状況も起こっています。

自動車業界だけでなくゼネコンへも影響しています。

ゼネコンは、電炉メーカーが作る建設用鋼材を中心に調達していましたが、高炉メーカーの鋼板を曲げて作る高層ビル用の柱材などが調達困難になりました。鉄不足で竣工が遅れる恐れがあるため、設計変更をおこなった工場や、寿司ネタのように「時価」で仕入れざるをえない状況にもなっています。

高炉メーカー

日本の粗鋼生産の約7割

■ 鉄鉱石と石炭(コークス)を原料に、高炉(溶鉱炉)で銑鉄をつくる「製銑」と、その銑鉄を転炉で精錬して各種の鋼を作る「製鋼」の2段階で製造
■ 日本では、1日に約1万トンもの銑鉄を生産する世界最大級の大型高炉が主流
■ 自動車用鋼板などの高級製品から一般建築用まで、その用途は幅広い
■ 高炉メーカーには、新日本製鉄、川崎製鉄、NKK、住友金属工業、神戸製鋼所、日新製鋼、中山製鋼所の7社がありましたが、川崎製鉄とNKKはJFEとして、新日本製鉄と住友金属工業は新日鐵住金として経営統合し、日新製鋼を新日鐵住金は子会社化しました。また、中山製鋼所は高炉を廃止し、高炉メーカーの二極化が進んでいます。

電炉メーカー

日本の粗鋼生産の約3割

■ 鉄スクラップを原料とし、電気炉で溶かし、成分を調整しながら鉄鋼を生産する
■ 鉄スクラップと電炉の中の電極との間でアーク(放電)が発生し、その熱で溶かしていく
■ 1つの炉で作れる量は、50?200トン
■ 用途は建設用など普及品が中心。
■ 電炉メーカーは、国内に約40社があります。独立系では東京製鉄や大和工業、高炉系では大阪製鉄、JFE条鋼などがあります。

連結子会社
三協則武鋼業株式会社
西日本スチールセンター株式会社
小野建沖縄株式会社
ONOKEN 小野健株式会社

〒803-8558 北九州市小倉北区西港町12番地の1 TEL 093-561-0036

All contents copyright 2018. Onoken co.,ltd.

PAGE TOP