MENU

採用情報 Recruting Information

トップ画像 トップ画像
  1. トップ
  2. 採用情報
  3. 小野建のポジションと特徴

小野建のポジションと特徴

鉄鋼業界に置ける商品の流れ

ただの「鉄と建材」の流通商社ではありません

 「存在感のある会社」をモットーに、60年を超える歴史の中で、お客様とともにお客様に育てられながら成長を続けてきました。今では、2,500社を超える仕入先と6,000社を超える販売先という、業界では類を見ない存在となりました。

日本で初めて鋼材の輸入を始めました

 1980年代、当時は国内鉄鋼メーカーが強力な生産体制を備えており、市場での販売価格も決められていました。日本のメーカーから鉄を買うしかない以上、コストダウンは不可能なことでした。輸入は業界のタブーとされていましたが、これを機に台湾、中国、東欧、オーストラリア、南米と、世界中に鋼材調達のネットワークを築くことができました。今や、鉄は国際マーケット商品。小野建の先見性が認められる結果となりました。

鉄の宅配便

 「小野建がなくなっては困る」それが私たち小野建が目指す企業の姿なのです。求められる時に、求められる量の商品を。アングル1本、平鋼1本、わずかな数量でも、仮に4時までに電話がかかれば、遅くとも次の日の10時には先方に届いています。小野建は、鉄の宅配便ということです。

たくさんの鉄を持っています

 在庫は常時20万トンぐらい持っており、何百億円もの鉄をいつも持っています。小野建は鉄屋だから「金を持つより、鉄を持っていなければいけない」と思っています。鉄をたくさん持って、すぐにお客様のニーズに応えられるという会社でないとだめなのです。自社保有のストックヤードの総面積は、実に330,000平方メートル。甲子園球場8個分の総面積を超える広さを誇ります。

建材もトータルにコーディネートします

 小野建は、鉄だけを扱っているわけではありません。セメント、サッシ、外壁、土木建築材料などの建設機材や資材も扱っています。建築需要が縮小する中でも、年々売上を伸ばし、現在では会社全体の売上の3割を占めるまでに成長しています。

連結子会社
三協則武鋼業株式会社
西日本スチールセンター株式会社
小野建沖縄株式会社
ONOKEN 小野健株式会社

〒803-8558 北九州市小倉北区西港町12番地の1 TEL 093-561-0036

All contents copyright 2018. Onoken co.,ltd.

PAGE TOP